横浜の業務用エアコン工事の施工事例をご紹介しております。

横浜エアコン道場
  • 電話番号
  • 無料見積もりフォーム

施工事例

壁掛け形

家庭用として主流な壁掛け形のエアコンは、小規模な事務所や店舗などでもよく選ばれています。しかし、業務用となると風量は家庭用の何倍もあります。
費用などの兼ね合いから、ルームエアコン2台から業務用エアコン1台にする方もおられます。
設置も用意にでき、以前よりもコンパクトでも十分な容量を得られる商品も増えていることから、それほど目立たせることなくスッキリと納めることができます。
商品のラインナップも豊富で、お手入れしやすいもの特徴です。
  • 壁掛け形
  • 壁掛け形
  • 壁掛け形
  • 壁掛け形

天井吊り形

天井吊り形のエアコンは、遠くまで風邪を送ることができるため、広いオフィスや店舗にも最適となっています。天井がかなり高い空間でも、風をしっかり足元まで送ることができます。
動作音が静かで、室内のインテリアにも溶け込んでくれるので、デザイン性の高い空間での利用もおすすめです。埋め込み工事をする必要がないため、天井の大きな穴を開けなくても良いことは大きなメリットです。
最近では、センサー付きのものや除菌機能などのオプション機能が備わった商品も多く販売されています。
  • 天井吊り形
  • 天井吊り形
  • 天井吊り形
  • 天井吊り形

天井埋込カセット形

天井埋込カセット形は、天井内に室内機を埋め込み、本体からフレキシブルダクトで吹出し口を分散しているエアコンです。空調の存在を感じさせずに設置できることからオフィスや店舗内のインテリアに合わせた最適な空間環境をつくることができます。
壁掛け形や天井吊り形などの他のエアコンと比較すると、どうしても設置が難しく部材も多く使用するため工事費用が比較的高くなりますが、歯痛内のレイアウトに合わせて柔軟に対応できるのは大きなメリットです。
  • 天井埋込カセット形
  • 天井埋込カセット形
  • 天井埋込カセット形
  • 天井埋込カセット形

床置形

床に設置するタイプのエアコンで、あまり普及はしていませんが、壁掛け型などの他のエアコンなどではどうしても足元が暖まりにくいデメリットがあるのに対して、床置形ならその不満を解消できます。
床に設置することにより、暖かい空気を効率よく循環させることができるのです。温かい空気は上にいくという性質があります。
設置が簡単で、配管穴が下にあるため、ホースが目立ちにくいという見た目のメリットもあります。
壁や天井に設置されているエアコンとは違って手の届く場所にあるため、フィルター交換などのお手入れがしやすく、掃除中にホコリが上から落ちてくるということもありません。工事業者は設置が簡単で、発注する側は工事費を安く抑えることができます。
床置形のエアコンでも基本的には工事をして室外機の設置が必要になりますが、室外機なしの商品もラインナップされています。
無料見積もりフォーム

PageTop

Copyright(C) 横浜エアコン道場 All Right Reserved.