業務用エアコンの馬力(能力)についてご案内しております。

横浜エアコン道場
  • 電話番号
  • 無料見積もりフォーム

馬力(能力)について

家電量販店などで販売されている家庭用ルームエアコンの能力は、「〇畳用」と表記されていて、利用する部屋の大きさに合わせて選択すれば良いようになっています。
それに対して業務用エアコンの能力は「馬力」で表され、一般的には1.5馬力から12馬力のものまでが用意されています。
そのため、業務用エアコンを選ぶときには、どのくらいの能力があれば良いか悩む方も多いわけですが、以下にエアコンを設置する部屋の大きさに対して必要となる馬力の目安を記載します。

馬力の目安

1.5馬力 24〜35u 7〜10坪
1.8馬力 26〜39u 7〜11坪
2馬力 29〜43u 8〜13坪
2.3馬力 33〜49u 10〜14坪
2.5馬力 37〜55u 11〜16坪
3馬力 47〜70u 14〜21坪
4馬力 66〜97u 20〜29坪
5馬力 82〜122u 24〜36坪
6馬力 94〜139u 28〜42坪
8馬力 132〜195u 40〜59坪
10馬力 165〜243u 50〜73坪
12馬力 197〜291u 59〜88坪
上記に示した部屋の大きさに対して必要になる馬力は、あくまでも目安です。
なぜなら、業務用エアコンを利用するオフィスや店舗などは、一般的な家庭の部屋などとは異なり、スペースが広いだけではなく、置かれた環境がそれぞれ大きく変わるからです。
たとえば、天井がもの凄く高いオフィスビルなどの広い空間では、当然ながらエアコンが効きづらくなりますし、火を用いる飲食店の厨房では、室内がかなり暑くなってしまうため、同じ広さのオフィスよりもより馬力の大きなエアコンが必要になります。
業界では、「10坪3馬力」という言葉が一応の目安として使われていますが、これは10坪の部屋に対しては大体3馬力の出力のエアコンがあればほとんどは対応できているからです。ちなみに、1坪とは畳2つ分で、平米数では3.3uです。

家庭用のエアコンの出力は「kw」で表されますが、馬力をkwに換算すると、1馬力約2.8kwに相当し、とあるエアコンメーカーの10畳用に該当します。
暖房と冷房ではkwは異なるため、正確に比較するのは難しいですが、1馬力が2.8kw相当だとすると、一般的な広い部屋用の家庭用ルームエアコンは2馬力にも達していません。
このことから、家庭用と比べて業務用エアコンの出力がいかに高いかが分かります。
家庭用のエアコンは、窓を開けて利用すると効果が薄れてしまい、真夏や真冬だとほとんど効き目が感じられなくなってしまいます。
しかし、出力の高い業務用エアコンだと、頻繁に出入り口が開閉するビルやショッピングセンターやコンビニなどでも、効果が弱まることなく稼働し続けています。

業務用エアコンは、家庭用と比べて耐久性に優れているのも大きな特徴です。タイプによっても異なりますが、寿命は大体10〜15年となっています。
家庭用エアコンはどんなに出力の高いものでも3馬力ほどの能力しかないため、家庭で利用するエアコンも部屋の大きさがかなり広い場合は、業務用を選択した方が良いケースもあります。
無料見積もりフォーム

PageTop

Copyright(C) 横浜エアコン道場 All Right Reserved.